読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風と雲と私

キャンプを車中泊を中心にアウトドアライフな日々の覚書

キャンプで薪ストーブ

f:id:miz_shosa:20141214112414j:plain

いよいよ本格的に冬になってきたので、薪ストーブをスクリーン内に導入。

最近は使ってる人も結構多くなったようで、先月のキャンプの際も一組が使用していた。

 

f:id:miz_shosa:20141214092522j:plain

我輩の使用している薪ストーブは新保製作所の元祖タマゴ型ストーブ。

故郷の北海道のストーブ屋さんで、キャンプ向けのストーブも大量にそろえている。


薪ストーブの新保製作所

 

f:id:miz_shosa:20141214092530j:plain

f:id:miz_shosa:20141214112501j:plain

ストーブから外へ直管を1本出し、煙突ガードで囲う。

煙突は薪を中と外の2箇所に積んで高さを調整。

タープも風でなびかないように煙突の左右をペグで固定。

 

f:id:miz_shosa:20141214112449j:plain

f:id:miz_shosa:20141214112429j:plain

外はえび曲がり1本、直管3本、T笠1本。

これを地面に打ち込んだ杭1本とタープのキャノピーポール2本を針金で固定し、キャノピーポールはペグで固定。

当日は強風が吹き荒れていたが、これで安定していた。

 

以下はキャンプで薪ストーブを使う際に感じたことなどを箇条書き。

 

  • あちこちで書かれているが、煙突の比率は横1:縦3が最低ライン。これ以下だととにかく燃焼効率が悪い。本当は横の直管が半管だともっと効率が良いと思うが、スクリーンとの距離が近いと焼けてしまう可能性が高いので実用ラインはどうしても直管になってしまう。
  • 薪の入れ過ぎにも注意が必要。入れ過ぎると、ストーブはおろか横の直管まで赤くなるほど熱くなる。こうなるとスクリーンが焼けてしまう可能性がある。
  •  芝生などの直火禁止のサイトでは地面から少し高さを上げないと芝生が焦げてしまうので、注意が必要。
  •  不完全燃焼が多かったり、水分量の多い薪や合成材などを燃やしまくっていると煙突がタールだらけになる。家庭使用と違って利用の絶対数が少ないので煙突火災の心配は少ないと思うが、タールの匂いが結構きつく、室内に保管しておくとかなり匂う(少なくともうちの煙突は)
  • 火を消す際に直接ストーブに水をかけて消してはいけない。あっという間にストーブが痛むしサビの原因にもなる。