読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風と雲と私

キャンプを車中泊を中心にアウトドアライフな日々の覚書

ヤカンまにあ

 

我が嫁は無類のヤカン好きである。

ホームセンターへ行けばヤカンをチェックする。

 

というわけで今日はキャンプで使う我が家オススメのヤカンを紹介。

 

①ユニフレームのキャンプケトル1.6Lとキャンプケトルジャンボ2.5L。

焚火にぶち込んで豪快に使える最強のヤカンだ。

煤が入らないように注ぎ口に蓋がついていたり、注ぐ際に上蓋が外れにくい構造になっている。

我が家では最初に1.6Lを買ったがその後結局2.5Lを買い足している。

縦長なので薪ストーブにも複数置けて良い。

欠点はやや高い。

所有満足度の高い一品だ。

 

UNIFLAME(ユニフレーム) キャンプケトル 660287

UNIFLAME(ユニフレーム) キャンプケトル 660287
価格:5,200円(税込、送料込)

 

 

 

 ②ビックケトル

単体での写真を撮り忘れたのだが、後ろに控えているのがビックケトル。

キャンプ仲間のKさんに誇らしげに自慢され即買の逸品。

10Lという素晴らしい容量を誇る。

注がれる量も半端なくドバドバと出てくる。

かなり危険なレベルだ。

冬キャンプは料理をはじめとして、飲料・洗い物・洗顔・ゆたんぽなどお湯があると便利なケースが多々ある。

これさえあれば常に大容量の熱湯を確保しておけるので非常に便利。

ただし、重いのでこれで沸かして利用時は小さいヤカンにうつして使うのが正しい利用方法。

 

 

③ ドリップケトル

 キャンプといえばコーヒー。

夕暮れや星空をみながら、また朝靄の中朝食を作りながら飲むコーヒーは格別だ。

美味しいコーヒーを飲むならやっぱりドリップケトルがオススメ。