風と雲と私

田舎で主に薪ストーブと竹林整備と猫な日々

3連休は薪割り・・・?

いよいよ待ちに待った三連休。

この三連休は薪割りに専念したいと思っている。

初日は四国酒まつりがあるのでその送迎の為、あまり時間がとれないかと思っていたがコロナウイルスの影響で中止になったそうだ。

イベント開催も大変だ。

しかしこの三連休は花粉の飛散も最大級とのことでしんどそうだなぁ・・・。

 

閑居に薪ストーブを導入したのが2018年7月のことでまだ1年半足らずの初心者なのだが、薪作り自体は2015年の10月からでもう5年にもなる。

一番最初の薪集めのときの写真だけど、かわいいくらいにこじんまりとした薪棚(?)だ(笑)

これが原点となって今の薪ストーブ生活があると思うと感慨深いものがある。

このときは借家暮らしでこじんまりとした庭でやっていたんだけど、このときの経験は今の閑居選びに大きな役割を果たしたなと思う。

 

借家時代終盤。

キャンプ用とはいえよくこんなに貯めたものだ。

というかキャンプ用なので全然減らなかったのもある(笑)

 

そして借家時代の最終形態。

引っ越しが決まっているというのに薪棚作りに目覚めてしまい作ってしまうという愚行を行う(笑)

この後わざわざ軽トラで薪を3回、棚を1回の計4往復も運搬しなくてはならなかった・・・。

 

10平米もないスペースで原木を玉切りして斧で割って積んで・・・と我ながらよくやったと思う。

近所の家も近かったのでチェンソーを使うのもためらわれたし。

 

 

それを考えると今のこの環境は恵まれすぎているね・・・。

ど田舎ではあるけど、山(原木)が近い・スペースが広い・煙が迷惑にならないと薪ストーブにとっては最高の条件が揃っている。 

 

薪ストーブ導入を前提に物件選びを悩んでいるのであれば敷地はできるだけ広い物件をオススメしたい。