読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風と雲と私

キャンプを車中泊を中心にアウトドアライフな日々の覚書

GWはふるさと交流センターへ

GWはふるさと交流センターで人生初のソロキャンプです。

いつも混雑している時期は避ける我輩ですが、今回はいいかげん購入したソロ用テントを一度くらい使ってみなくては・・・というしょうもない決意と、カヌークラブのメンバーが比較的多く集まりそうなので覚悟を決めて出発。

 

水曜日の連休初日11時には着いたのですが時既に遅し・・・。

前泊組に聞くと朝5時頃から既に数カ所で設営が始まっていたようでペグを打つ音で芽が覚めたらしい(笑)

 

川沿いの駐車スペースもびっしり。

連休恒例の四万十塾のスペースもありました。

 

初使用のソロ用テント、ロゴスのプレミアムシリーズのソロツアーズとコンパクトタープ。

どちらもアウトレット店で購入しました。

ソロ用テントとはいえさすがプレミアムシリーズということでメッシュやベンチレーションがふんだんに使われていて快適そのもの。

 

宴会場はいつものレボタープ600を使用。

横一列に6名は余裕で並べる優れものです。

雨天だった為、ロゴスのポールを2本使用して固定部分を増やし雨がたまらないように工夫。

 

夜になるとテントはさらに増え、ふるさと交流センターにはテントの夜景が広がっていました。

コレはコレでとてもキレイ。

 

残念ながら連休中はずっと雨でしたが、風があまりなかったので比較的快適なキャンプでした。

 

NV CONCEPT STOREへ行く

所用があった為、急遽札幌に帰省してきました。

帰りに千歳にあるNV CONCEPT STOREを訪問してきました。

ここは日産のNVシリーズのカスタマイズモデルを扱っている専門店。

ディーラーとしてここまでやるとはなかなかです。

 

 

目的はコイツ、NEEDSBOXです。

札幌にある自宅から5分程度のNEEDS札幌で作っておりずっと前から目をつけていました。

MPVの後継はこれしかないかな・・・と思っています。

残念ながらType1はなくType2のみの展示でしたが、ベッドキットの仕様の違いだけなので大凡は問題なし。

 

後部座席まで175cmあるベッドキット。

身長174cm弱の我輩はいけるか・・・と寝てみましたがギリギリセーフ!

後部座席を収納せずとも寝れるのは素晴らしいの一言。

 

 

嫁のゆかちが座っても天井まで余裕のスペース。

ベッド下の収納もたっぷりありますし、これさえあれば長期車中泊旅行や5人乗りでキャンプ道具を満載にしても余裕だな~と妄想は膨らむばかり。

 

営業担当の方からも濃いお話を聞けて、楽しかった。

あまりセールスをしてこないので逆に聞いてみたら

 

NEEDSBOXをみにくる客にセールスは不要

 

とのこと。

ハイエースを除けば競合する車種ではないし、見に来る時点である程度購入を前提にきているのでセールスはあまりする必要がないそうです。

まあ、たしかに。

 

コイツを相棒にする日が楽しみです。

やまもり温泉キャンプ場に行く

春分の日の3連休は友人家族と一緒にお気に入りのやまもり温泉キャンプ場へ行ってきました。

 

 

友人家族がバンガローを借りてその手前のスペースに我々が間借り。

このスペースはバンガロー代に含まれているのでお得です。

 

3日間通して天候に恵まれ、風もほとんど吹かなかったため耐性テストはできませんでしたが、ロゴスのオクタゴンやneosシリーズなどのスタンダードラインナップと組み合わせるとカラーもマッチしていますし、なかなか良い買い物をしました。

 

 

ロゴスのスペースベース オクタゴン-Nに組み合わせる為にneos ドームFITレクタを購入してみました。

15500円と比較的安価なタープですが、ザンネンながらその質も値段相応かなというところ。

生地が非常に薄いので真夏は使い物にならないかもしれません。

ただ、裾がラウンドシェイプタイプなのでオクタゴンとの接続は非常にしやすいです。

 

 

 


 

3月の定例会

カヌークラブの定例会でいつものふるさと交流センターにきています。

3月となると気温は日中の気温はだいぶ高くポカポカ陽気。

薪ストーブの出番は日没からですね。

 

今回は薪ストーブを屋内に設置せずにタープの下に設置。

一回りコンパクトなヒートチョッパーを使用しています。

脚長君Ⅲで高さを上げるとちょうどよいのですが、その分重心が高く不安定なので4点支持。

 

ガイロープでの煙突固定をカラビナにしました。

この方が毎回ロープを解かなくてよいので楽ですね。

 

知人が木こりキャンドルを用意してくれました。

スギで作ったものですが、それでも1時間近く燃えていました。

 

2017年初キャンプ

今年に入ってなかなかキャンプに行けずにストレスが・・・。

天気はイマイチでしたが、嫁も付き合ってくれるとのことで夫婦二人でキャンプへ行くことに。

場所はいきつけの四万十川ほとりにあるふるさと交流センター。

日曜日が雨の予報なのもあって当然のように貸し切り。

 

ロゴスのオクタゴンタープはセットアップの早さは秀逸ですが、ロゴスお手芸のPANELシステムがついていないのと、出入り口の高さがないので標準のキャノピーはイマイチ使い勝手がよくない。

というわけで手持ちのタープを無理矢理連結させて雨天対策してみた。

使用したのはユニフレームのレボタープ600。

変則的な形をしているのでつなげるのに少し苦戦したが、なかなか快適なスペースが出来た。

 

オクタゴンの中には新保製作所の薪ストーブをセット。

白くて美しかったボディはだいぶ汚くなってきた。

完全に白塗装はミスチョイスである。

 

煙突は知人が作った固定具を真似して作ってみました。

耐熱シリコンゴムにDリングを組み合わせて固定バンドで締め上げる。

ソリステとガイロープで3箇所固定。

見た目がだいぶシンプルになりました。

 

煙突持ち上げの部分をもう少し美しくできたら良いなと思う今日このごろ。

 

 

ハスクバーナ エンジンチェンソー 135eのメンテナンス

薪作り用に使用しているハスクバーナ エンジンチェンソー 135eを分解清掃してみました。

この機種はエントリー機ですのでスペックは低いですが、分解を含めて扱いやすく安価ですので入門機や年数回程度の薪作りにはちょうど良いチェンソーだと思います。

 

エアフィルターは上部のカバーを外したところにあります。

カバーは左右あわせて3箇所のフックをはずすのみ。

ちょっと硬いのでマイナスドライバーなどを差し込んで外せばよいかと。

 

オレンジと黒の物体がエアフィルター。

フックを外して水洗いします。

 

チェンとガイドバーはこの部分を回すと外れます。

 

チェーンとガイドバーを外して木屑を取り除きます。

 

通常のメンテはこの2箇所を外して分解すればよいと思います。

シーズンオフの際はガソリンとオイルも抜いておきましょう。

 

チェーンのお手入れはセット購入した目立てキットを使用しています。

研ぐ角度がわかりやすいので初心者には扱いやすいです。

 

デプスゲージです。

これをチェーンの上にのせてはみ出た部分をヤスリで落とします。

 

購入したセットはこちら。


 

 

 

ロゴスのスペースベースオクタゴンにインナーテントをつけてみた

愛用しているロゴスのスクリーン、スペースベースオクタゴン用のインナーテントをアマゾンで購入しました。

 

取付自体は簡単で一般的なインナーテントと同様にフックで引っ掛けるだけです。

 

出入り口はオクタゴンと同じく4箇所ですべてCドア。

 

オクタゴンには入り口と入り口の間に三角形のメッシュ窓があるのですが、インナーテントも同様にあります。

ただしここはメッシュで完全解放ができない為、外のメッシュを開けるには一旦インナーテントから出る必要があります。

 

広さはオクタゴンのサイズをほぼフルに利用しているので広い。

ただその形状の為、デッドスペースもかなりあるので実質寝れるのは大人で4-5名が限界かと。

 

そして最大の欠点は

天井を吊っていないこと

これのせいでインナーテント内の天井がやたら低い。

というか真ん中が重力で下がってるし(笑)

このあたりが実にロゴスらしくて笑えるし、このダメさ加減も逆にチャームポイントに思えてきた。

 

オクタゴンにはランタン用のフックが天井にあります。

ここに中央を吊るせば良いだけなのに・・・。

 

あまり売れていないせいか(そもそもオクタゴン自体も売れていないと思うが)アマゾンで比較的安価で販売されています。

設営自体はオクタゴンとあわせて10分かからないクイック仕様なのでオクタゴンを持っていたり、一瞬で設営できる広めのテントがほしい人には選択肢の1つとして悪くはないかもしれない。

 

オクタゴンのレビューはこちら。

 

 

アマゾンのリンクは以下。オクタゴンインナーだけ値引率が高い。