風と雲と私

香川県の片田舎で自宅アウトドアライフな日々を綴っています

薪ストーブ

ドラム缶ストーブ

備忘録として。 昨シーズンは土間横の作業場の暖房としてドラム缶ストーブを自作してみた。 コレね、ホント良かった。 何が良かったってとにかく暖かい。 桁違いの熱量を出します。 あと火持ちもとても良い。 まあ使っている燃料が長さ50cm前後×径10cm~20cm…

薪ストーブ4thシーズン終了

今シーズンの薪ストーブの運用も本日で終了。 焚き始めが10月17日で焚き終わりが5月12日。 ほぼ7か月やんね。 まあ5月は少し肌寒い夜だけくらいしか焚いてないから毎日ではないけど、灯油や電気みたいに燃料代気にしなくて良いから少しでも寒かったら我慢せ…

気が付けば師走

気が付けば師走入りしてたよ、一年あっという間だね。 薪ストーブは10月中旬から焚き始めて、11月下旬から24時間の巡行運転に突入している。 24時間回すようになると焚き付けが不要になるので楽で良いね。 その分薪を多く消費するけど、幸い薪の確保にはまっ…

今日で半年

3rdシーズンの薪ストーブも焚き始めから今日でちょうど半年だ。 さすがに朝起きて火を入れることは減ってきたけど相変わらず夜は焚いている。 平日は薪を足さずに軽くひと焚きするだけど、それでも全然違うからね。 今の判断基準は22℃以下なら焚くことが多い…

煙突掃除

年明け早々に一度詰まらせてしまった我が家の煙突。 緊急対応ということで親方に依頼して丸トップの清掃をしてもらったんだけど、煙突自体は掃除道具もなかったのでそのままの状態にしていた。 骨折から2か月半がすぎ、歩く程度なら支障がなくなってきたので…

薪棚作成

. 我が家で薪ストーブ用に使用しているのはファイヤーサイドのラウンドバスケットだが、思ったほど薪が収容できない。 毎日コツコツと運ばなくてはならなくて、いいかげん面倒になってきたのでリビングに薪棚を作成した。 市販品を買おうかとカタログやネッ…

3シーズン目の薪ストーブは

薪ストーブライフも早いもので3シーズン目が終わりに差し掛かっている。 3年にもなると炎のゆらめきに酔いしれるようなこともあまりしなくなり、もはや完全な暖房器具&調理器具だ。 ガラスの清掃も月に2回とかになってしまい、だんだん扱いが雑になってきた…

ネスターマーティンに触媒追加

ネスターマーティンに触媒モデルが追加されたようだ。 handinhandjp.com 現時点で対応しているのはSシリーズ(S43・S33)、Hシリーズ(H43・H33)、C43の計5モデル。 触媒を導入したことによる変更点としては ・煙が目に見えて少なくなる ・天板温度が30℃前後上…

3シーズン目も一か月経過

10月16日に3シーズン目の初焚きをしてから一か月が経過しました。 予想通りだったけど一度火を入れてしまうとほぼ毎日焚き続けてしまった・・・。 猫たちも毎日薪ストーブでぬくぬくしている。 この一か月での消費量を備忘録ついでに。 1号棚が1/4程度と焚き…

薪ストーブの季節

室温が20℃を下回るようになってきたのでリビングの薪ストーブに今シーズン初火入れ。 我が家のネスターマーティンS-43も3rdシーズンに突入だ。 猫たちも待ってましたといわんばかりに薪ストーブに集まる。 特に三毛猫の花ちゃんは薪ストーブが大好きでいつも…

土間生活

少しずついじっていた土間ですが、ようやくやりたいことが一通り片付いた。 設置した薪ストーブと家との間に遮熱板としてケイカル板を設置した。 ホームセンターでは一般的に6mmのものを置いていますが断熱効果が高いであろう厚さは12mmのものを大型店で購入…

土間の薪ストーブをつけてみる

昨日設置した土間の薪ストーブだが、さっそく着火テストをしてみた。 午後9時。 外気温が10℃台に下がったので薪ストーブに火を入れる。 もちろんただの言い訳。 軽くテストするだけなので杉の葉とボロ薪を数本入れて着火する。 問題なく着火してものの1分も…

土間に薪ストーブを設置する

台風10号以降本当に涼しくなってきて、この週末はほとんど外で過ごすことができた。 薪ストーブを実際に焚くような時期になると山仕事が忙しくなってくるので、今のうちに薪ストーブを土間に設置してしまうことにした。 ずっと悩んでいた薪ストーブの設置場…

ネスターマーティンS43の分解清掃と煙突掃除

ポリカ波板の張り替えも予定より1日早く片付いたので、煙突掃除を済ませてしまうことにした。 今回から屋根に上るときはフォークリフトを使っている。 煙突ブラシやブロアなど必要な道具を安全に屋根に運べるのでとても便利だ。 なお、屋根に上るときはゴム…

ちびちびと

夏至まであと一か月程度になり日の入りもずいぶんと遅くなってきた。 日中は暑くなってきているけどさすがに帰宅後の時間帯はそれなりに涼しいのでここから日没までの時間が我輩の平日のお楽しみタイムだ。 最近はメダカの卵を収穫して、家の周りの雑草を10…

こんな世の中だから

4月もいよいよ今日でおしまい。 まあまあ寒い日が続いていたけど、ここにきて急激に暖かくなりさすがに今日は火をいれなかった。 この先の気温をみる限り、焚いたとしてもあと数回夜にチョロ焚きがよいとこだろう。 11月に焚き始めて4月末で終わりとなるとほ…

薪ストーブはまだまだ焚いている

まいど、うじです。 はてなブログのGoogleフォト連携の調子が悪くて写真のアップロードができない。 iPhoneXで撮った写真は従来のjpegからHEIC形式に変更になっている為、そのままではアップロードできなかったりとなかなか不便なのでブログの更新も放置して…

2020年初キャンプ

この週末は職場のアウトドア部の活動に参加して今年初のキャンプへ。 場所は香川県観音寺市にある一の宮公園キャンプ場だ。 一人一泊100円と安価なのと、すぐ近くにセブンイレブンやドラックストア、ダイソー、マルナカ(スーパーマーケット)があり利便性がよ…

週明けの薪ストーブ

12月に入ってほぼ24時間稼働している我が家のネスターマーティンS43だが、週明けの日は一旦火を落とすようにしている。 最低週に一度は火を落として灰を抜かないと灰が溜まりすぎて燃焼がイマイチになってしまう。 かといって灰が少なすぎると帰宅後に熾火が…

しいていえば

薪ストーブで過ごす日々は格別で、寒い夜もリビングにいる時間はとても幸せだ。 引っ越した際に思い切って導入しておいて本当に良かったと思う。 だからといって何も不満がないかというとやっぱり100点ではなくて90点くらい? 贅沢ながら満点ではないのだ(笑)…

悲しい出来事

仕事から帰宅した直後の我輩はとても忙しい。 まず6匹の室内猫たちが飯をよこせと騒ぐのでご飯をあげて、その後すぐに外の花子にもご飯をあげる。 それからようやく薪ストーブに火をいれる。 帰宅時間に大幅なブレはないので朝どれだけ、どの種類の薪をいれ…

薪ストーブは絶好調

2シーズン目の薪ストーブは絶好調だ。 立ち上げはスギの葉と竹で一気に火をつけて温度をあげるという方法をとっているが、とにかく竹の火力は半端なくてあっという間に温度が上がる。 立ち上がったところで杉や松などの針葉樹の薪を大量にぶちこんでさらにが…

ピザパーティー

週末はピザパーティだ。 金曜日の夜から土曜日にかけて女子会が行われた。 ネスターマーティンS43で20枚超も焼くのは初めての試みなので楽しみである。 ピザストーンを導入して事前テストも重ねたので今回はばっちりだ。 miz-shosa.hatenablog.com 少し高さ…

ネスターマーティンS43でピザを焼く

次の週末にピザパーティーがあるので、予行練習を兼ねて久しぶりに薪ストーブでピザを焼くことに。 先日導入したKABUTOを使いたいところではあるが如何せん夜なので外でピザパはちょっと厳しいからね。 ネスターマーティン純正オプションの炉台は安定性は抜…

寒いけど暑い日々

帰宅すると室温が14℃と今年一番の冷え込みだ。 全開で燃やすけど冷え切ったリビングはなかなか暖まらない。 そして4時間ほど経過すると室温は32℃にまで上昇。 今年から薪は豊富にあるのでつい遠慮なく投入しすぎてしまう・・・。 薄暗くしてマッサージチェア…

諸事

11月に入り薪ストーブは毎日稼働中だ。 2シーズン目の今年は薪の心配はまったくいらない。 ただ、乾燥が甘いという点を除いてはだが。 まだシーズンイン直後で平日は帰宅後に立ち上げてそのまま自然消化するだけで薪の消費も微々たるものだからヒノキやマツ…

煙突掃除

まいど、うじです。 朝晩は少しずつ冷えるようになってきて、薪ストーブの火入れもそろそろだろうか。 今日は煙突掃除だ。 ・・・とはいっても施工してもらった薪ストーブ屋さんにに依頼したのだが。 1stシーズンを終えて最初の掃除だし、点検を兼ねてプロに…

今年最後の薪ストーブ

ブログで知り合った方が薪ストーブを見に遊びに来てくれた。 どうせ見るならということでこのクソ暑い中で薪ストーブに点火する我輩。 もちろん窓は全開にして。 火のついていない薪ストーブなんて見ても楽しくないしね。 今年度中には薪ストーブを導入する…

寸胴鍋現れる

薪ストーブは料理をするのにとても便利だ。 常にお湯を沸かせておけるのでお湯は使い放題だし、ネスターマーティンのB-TOPは温度が高いので通常の料理にも最適。 でも料理をすればするほど避けて通れないのが天板の汚れ。 カレーやミートソースなどの煮込み…

24時間運転は続く

まいど、うじです。 薪ストーブは引き続き24時間運転を続けている。 24時間運転をキープするにあたり重要な要素を占めているのは灰の量のようだ。 最初の頃は火を落とす度にかなりの灰を抜いていたが、今は手前のバーの高さまで灰がたっぷり残している。 こ…